由旬単位 由旬

ゆじゅん【由旬】 〔古代インドの距離の単位; 牛車の 1 日の旅程〕 yojana 〔古代インドの距離の単位; 牛車の 1 日の旅程〕 yojana.
由旬
由旬 由旬の概要 ナビゲーションに移動検索に移動古代インドでは度量衡が統一されておらず,厳密に「1ヨージャナは何メートル」とは定義できないが,一般的には約11.3kmから14.5km前後とされる。また,仏教の由旬はヒン
次に“由旬(ゆじゅん)”とはインドの距離単位であり,私たちが使っている単位に換算すると,約30里または40里に相當する。(參考:韓國の単位では4kmを10里と表記)この単位も巨大なホトケの身長を現わすのに使われている。
由旬 出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』 ゆじゅん 梵語ヨージャナ(yojana)の音寫。インドの距離の単位。一由旬は帝王一日の行軍の距離,または牛車の一日の旅程とされる。
地獄の歩き方
ゆじゅん【由旬】 〔古代インドの距離の単位; 牛車の 1 日の旅程〕 yojana 〔古代インドの距離の単位; 牛車の 1 日の旅程〕 yojana.

巴利語辭典 Pali Dictonary

搜索 Yojana 的結果: 《パーリ語辭典》 yojana yojana:n.[〃] 由旬,長さの単位 [14km ほど] -sata 百由旬. 《巴利語匯解》 yojana yojana:由旬, 踰闍那,踰繕那,由延 《巴漢詞典》 Yojana Yojana,【陰】 〔語法〕造句,意見,提議,注釋。
古代インドの距離に【由旬(ゆじゅん)】と単位があります。現在の単位ですと14.4Kmほどです。 そして一辺が一由旬の巖に天女が百年に一度降りて來るそうです。その天女が羽衣の袖で その巖をさらっとな …
ゆじゅん【由旬】 〔古代インドの距離の単位; 牛車の 1 日の旅程〕 yojana 〔古代インドの距離の単位; 牛車の 1 日の旅程〕 yojana.
大乗仏教-1
ゆじゅん【由旬】 (梵語yojanaの音寫)古代インドの距離の単位。1由旬を約7マイルまたは9マイルとするなど,諸説がある
yojana – Definition and Meaning – Pali Dictionary
由旬,長さの単位 [14km ほど] -sata 百由旬. 巴利語匯解&巴利新音譯 瑪欣德尊者 yojana:由旬, 踰闍那,踰繕那,由延 《巴漢詞典》Mahāñāṇo Bhikkhu編著 Yojana,【陰】 〔語法〕造句,意見,提議,註 …
由旬(ゆじゅん) 古代インドでの距離の一単位。帝王の軍隊が一日に進む距離といわれ,約10キロメートルとか約15 キロメートルなど諸説があります。 仏教の世界観(須彌山を真上から見たイメージ) 須彌山世界(斷面図) 須彌山は,あくまでも神
ゆじゅん【由旬】 〔古代インドの距離の単位; 牛車の 1 日の旅程〕 yojana 〔古代インドの距離の単位; 牛車の 1 日の旅程〕 yojana.
「劫」という時間の単位 – 浄土真宗|LOG
古代インドの距離に【由旬(ゆじゅん)】と単位があります。現在の単位ですと14.4Kmほどです。 そして一辺が一由旬の巖に天女が百年に一度降りて來るそうです。その天女が羽衣の袖で その巖をさらっとな …
守山市有線放送トップページ
由旬(ゆじゅん) 長さの単位 1由旬は,8倶盧舎(くろーしゃ)の14.2Kmとの説もあり,「倶舎論」(くしゃろん) では半分の4倶盧舎7.2Km=約7Kmとしている。須彌山の高さは8萬由旬で56萬Kmとなる。 劫(こう) Kaipa カルパ「劫波」といる。
由旬[ゆじゅん]…古代インドにおける長さの単位の一つ。 サンスクリット yojana [ヨージャナ]の音寫語。 八倶廬舎で一由旬となるという。
由旬(ゆじゅん),サンスクリット名ヨージャナ(य जन yojana)は,古代インドにおける長さの単位。古代インドでは度量衡が統一されておらず,厳密に「1ヨージャナは何メートル」とは定義できないが,一般的には約11.3kmから14.5km前後とされる。
「劫」という時間の単位 – 浄土真宗|LOG
gāvuta:n.[Sk.gavyūti] 牛呼,長さの単位 [1/4由旬]. 《巴漢詞典》 Gāvuta Gāvuta,【中】 伽浮他(¼ 由旬 yojana = 80 勒沙婆 usabha),一里格(長度單位),只稍微少了一點點就有二里長度。 ~tika,【形】 至一伽浮他的長度。(p118) 《巴漢詞

仏教語絵巻「金輪際」

由旬(ゆじゅん)とは古代インドにおける長さの単位で1由旬は約11.3kmから14.5km 前後とされています。 Twitter Share LINE コピーする-仏教語絵巻 関連記事 仏教語絵巻 仏教語絵巻「學生」 大きなお寺において建物の管理や事務に従事する堂衆(どうしゅう
仏教の世界観では最小単位となる一個の世界の中心には,高さが八萬由旬(ゆじゅん)にも及ぶ非常に高い山がそびえています。これを須彌山(しゅみせん)と呼びます。八萬由旬とは約57萬6千キロメートル,とてつもない高さですね。
由旬の1ページ目:由旬の解説ページ!由旬とはナビゲーションに移動検索に移動由旬(ゆじゅん)、サンスクリット名ヨージャナ(य जन yojana)は、古代インドにおける長さの単位。踰繕那 …
宗教とは
由旬(ゆじゅん),サンスクリット名ヨージャナ(य जन yojana)は,古代インドにおける長さの単位。古代インドでは度量衡が統一されておらず,厳密に「1ヨージャナは何メートル」とは定義できないが,一般的には約11.3kmから14.5km前後とされる。

「仏教の時間・數の世界観」(數量の単位を集めてみま …

「仏教の時間・數の世界観」(數量の単位を集めてみました。) ・億劫(おっこう):ほぼ無限の時間(「おっくう」の語源) ・由旬(ゆじゅん):牛に車を付けて1日進む距離(7kmとも) ・那由多(なゆた):1,000億のこと ・恒河沙(ごうがしゃ):ガンジス川の砂粒の數
その次に,地里の高さを「八萬四千由旬」と記し,単位「由旬」を「十六里」,あるいは「三十里」と説明し,この単位の數値には異説が多いことを示している。文明本『節用集』は, 須彌山(シユミセン/スベカラク,イヨ/\,ヤマ)西域記云。
gāvuta:n.[Sk.gavyūti] 牛呼,長さの単位 [1/4由旬]. 《巴漢詞典》 Gāvuta Gāvuta,【中】 伽浮他(¼ 由旬 yojana = 80 勒沙婆 usabha),一里格(長度單位),只稍微少了一點點就有二里長度。 ~tika,【形】 至一伽浮他的長度。(p118) 《巴漢詞
君は地獄なんてないと想像できるか? | 孤獨の旅路